カブトムシとハナムグリに
腐葉土(腐植土)を作ってもらう

晩秋に、
腐葉土を作ろうと思い、裏の藪にあるドングリの木の落ち葉をかき集め、
果樹用の大型プランターに入れて置いといた。

翌年のお盆ごろ、
赤玉土に混ぜてプランター用の用土を作ろうと思いひっくり返したら
カブトムシの幼虫がたくさん出て来た。
葉っぱはカブトムシに食い散らかされて、立派な腐葉土になっていた。

これがきっかけ。
ちなみに、カブトムシだけでなくハナムグリも葉っぱを腐葉土にしてくれます。
でも、腐葉土と言うより腐植土と言った方がいいかも。



18年8月 大量に出て来た幼虫の一部 ハナムグリの成虫



腐葉土を作る
(2019.11.16)
右の画像はカブトムシの幼虫を入れてある葉っぱ。
左はハナムグリ他、いろいろ。

風で葉っぱが飛ばないようにオモシを乗せてある。

冬を越す直前の状態



腐葉土の出来上がり
(2020.08.12)
カブトムシとハナムグリの幼虫を飼育したいた落ち葉の状態。

葉っぱは食い尽くされ、ほぼ土になっている。
フンまじりの土だから、それなりに微生物もいるだろうし栄養分もあるだろう・・・たぶん。
どちらにもミミズが大発生していた。

ちなみに、ハナムグリの幼虫がいた葉っぱはオープンにしていたから他のムシもいたかもしれない。

カブトムシが成虫になった後の状態

ハナムグリの腐葉土の状態